PC買替サービス

PC買い替え時、3万円以上する付帯サービス。その気になる中身。

主に以下の1、2程度らしい。

 

1、初期設定

Windowsアカウントの設定や、ソフトのアップデートなど。ポップ表示に従えば誰でもできる。

2、データ移行(「Windows転送ツール」を利用)

引き継ぐ内容:①windowsアカウント②マイドキュメント内のデータ③メールなど。

 

上記1、2のサポートで3万円以上は、個人的には高いと感じた。

もし営業するなら、実際に利用して満足体験したモノ/サービスを売りたい。

 

ついでに、故障への備えも調べてみた。

 

~以下、故障への備え~

3、復旧メディア作成(リカバリーディスク:工場出荷時の状態に)

現在PC「マウスコンピュータ」は、PC本体を送れば、リカバリしてくれるらしいので利用者側は予めリカバリーディスク用意しておかなくてよい。

  

 4、ファイルバックアップをとっておく。

Aは面倒そうなので、Bを実施予定。

 

方法A:バックアップソフトをDLして、手動で「起動時に自動的にバックアップとる」よう設定する方法。

参照:https://youtu.be/ZPZYtCud4ek

 

方法B:Win10のファイル履歴機能を使って、自動バックアップ。

youtu.be

 

どちらも保存先に(ある程度容量ある)空のUSBが必要。

USB届いたら、方法Bを後日、設定予定。

 

  

 5、イメージバックアップをとっておく 

↑↑個人的に不要。必要な人少ないのでは。知識として記す。

空usb 50GB以上のファイル形式をFAT32→NTFSにフォーマットしたものを用意。フォーマット時、既存ファイルは全て削除される。続きは以下。

富士通Q&A - [Windows 10] システムイメージをバックアップする方法を教えてください。 - FMVサポート : 富士通パソコン

◎イメージバックアップ:Windowsやハードディスクなど全体を「まるっと取り、まるっと戻す」機能。復元するためには、バックアップしていた機器と同じスペックのものが必要。

 

以上、「買替時の付帯サービス」と「故障への備え」でした。

時間よりお金が惜しいという人は参考にしてみて下さい。

---------------------------------------------

追記:9/23

対面サービスが活きるチップがあれば、ここでも働けたと思った。

 

来年(2021年上旬)、新しい500円硬貨が発行されるらしい。

硬貨でなくチップ専用の紙幣にして、チップ制が復活してほしい。

参照:新しい日本銀行券及び五百円貨幣を発行します : 財務省

チップは「紙幣」で渡すのが一般的なマナー

日本もかつてはチップ文化があった。(偽造防止の為)500円紙幣→500円硬貨にしたことがチップが廃れた一因。最低1,000円からはハードルが高い。最低500円からなら気軽にチップしやすい。

f:id:mashirokurosou:20200923174159j:plain

500円紙幣、発行開始日 1951年~支払停止日 1971年、復活してほしい

 

---------------------------------------------

 

現在のPC「マウスコンピュータ」なぜ選んだか、

次回のPC買替時に困らないよう、思い出しておく。

 【マウスコンピューター】
(メリット)
・オプションで付けるとマカフィーがプリインストールされた状態で届く。
・アフターサービスの対応がはやい。
(デメリット)
・cm宣伝費に注力しているためか、コスパは低め。
・注文から届くまでタイムラグあり。注文から4日後に出荷。

 

 

決め手は、セキュリティソフトだった。
マカフィー付帯サービス「True Key」が使いたかった。(∵セキュリティソフト+パスワード管理ソフトの契約が煩わしいと思った)
PC購入時にオプションでマカフィーを選べるのがマウスコンピュータのみだった。

 

マカフィーに注目した点
パスワード管理アプリ「True Key」使える。
・台数制限なし。
・ウィルスバスターより軽い。

※3年契約がお得。(1年契約4573円、3年契約8392円)

  

~他のメーカーのセキュリティソフト~

【フロンティア(FRONTIER)】
ウィルスバスター

【ドスパラ】
シマンテック ノートン

【TSUKUMO】
セキュリティソフト別売り(プリインストールしてくれない、面倒)
かつ、マカフィー扱っていない。

 ---------------------------------------------