世話、時間

犬を飼いたい方の検討材料に、具体的な世話を公開していきます。

 

今回は、時間。

働きながらでも犬が飼えるのか?を検証してみます。

予め、犬に割く時間をキホン一日1時間と決めてみます。

(※前提:生後3ヶ月頃は室内飼いでトイレのしつけ、マテ・お手を習得させています。お迎えが幼犬の場合、飼いはじめは長期休暇に。)

f:id:mashirokurosou:20180926122742j:plain
f:id:mashirokurosou:20180926122758j:plain
f:id:mashirokurosou:20180926122737j:plain
f:id:mashirokurosou:20180926122745j:plain
f:id:mashirokurosou:20180926122756j:plain
f:id:mashirokurosou:20180926122753j:plain
f:id:mashirokurosou:20180926122722j:plain
f:id:mashirokurosou:20180926122731j:plain
f:id:mashirokurosou:20180926122728j:plain
f:id:mashirokurosou:20180926122734j:plain
お互い、一日の流れがつかめてきた

【朝】所要時間15分

0-5分:犬をサークルから放つ、トイレ片付け。

5-10分:換気。サークル内を掃除。

10-15分:餌やり、水替え。

おわり 犬舎から立ち去る。

 

【昼】所要時間15分

0-5分:犬をサークルから放つ、トイレ片付け。

5-10分:フリータイム

10-15分:餌やり

おわり 犬舎から立ち去る

 

【夜】所要時間30分

0-5分:犬をサークルから放つ、トイレ片付け。

5-10分:餌やり

10-25分:フリータイム

25-30分:食器洗浄、犬舎の戸締り。

おわり 犬舎から立ち去る。

 

結果、できました。(さらに生後6ヶ月以降は昼のターンが省略可)

 

f:id:mashirokurosou:20180926122747j:plain

すぐ汚されても、気にしません、そのまま

むしろ時間が限られているので割りきって接すること、

次に会うターンまでに接し方の反省などもできます。

 時間を測りながら飼育する、お勧めです。

 

peraichi.com