雑記>ただの日記25/100

ジムが休館になっていた。

 

コロナまとめ

https://youtu.be/b50dWx0Hqy4
https://youtu.be/xDBtQCQ6fWk
https://www.youtube.com/watch?v=qICAP83rDck

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58013600U0A410C2000000/
https://www.technologyreview.jp/s/193881/the-biggest-questions-our-readers-have-about-coronavirus/

 

【コロナ(=COVID-19)(=新型肺炎)(=SARSコロナウィルスⅡ)】
症状は感染後2〜14日の間に現れる。
症状が現れる前、現れ始めた週に他者へ感染させる可能性が高い。
一般的には、症状が発生した時点から14日間の継続的な隔離が原則。

 

8割:無症状感染
2割:症状出る>内5%重症>内2%死亡
65歳以上と基礎疾患の人、喫煙者が重症化しやすい。一方、子供は重症化しにくい。

 

感染力強い。特に鼻水にウィルス多い
飛沫感染(会話、くしゃみ等)、接触感染(鼻を触った手から)がある。
人が密集する場所、飛沫をとばす状況、換気が悪い密室はリスク高い。

 

日本が感染症対策できるベッド数4,800。

人工呼吸器が不足すると、肺炎=死を意味する。

肺炎自体は、人工呼吸器や医療サービスが充足していれば致死率は高くない。

医療崩壊を防ぐことが重要。

 

【収束パターン3つ】
①新薬
※市場に出回るのに最短で1年~1年半後。開発できない可能性あり。
※ビルゲイツが7つ工場作って開発中。開発できない可能性あり。
※突然変異は低い(インフルエンザウィルスの2分の1未満)、一度開発できると長期利用できる希望あり。
②既存の薬その組合わせ
※中国の研究所では無いと結論済み。
※重症化リスクを下げる薬としてはアビガン。
③集団免疫:人口の6~7割が感染すると感染が拡大しなくなる。
なぜなら、回復者は抗体をもち再感染しないから。感染者から誰にもうつせないうちにウィルスが死んでしまう。
※但し、集団免疫戦略では代替案にならないとの意見あり(その過程で膨大な死者と医療リソースの数倍もの需要が発生するため★1)。

 
★1「今の目的は、感染者数の増加率を抑えることではなく、エピデミック(局地的な流行)を逆行させることです」
https://www.technologyreview.jp/nl/the-uk-is-scrambling-to-correct-its-coronavirus-strategy/

 

【収束とは】
収束の定義なし。

症例をゼロにはできない、グダグダで終わる可能性あり。

 各国政府「死亡率を減らしたい」
→死亡率を減らすためにピークコントロールをする。
ピークコントロールするとは、長期化することを意味する。

 

【各国の主な対応:「社会距離戦略」ウイルスの拡散を抑制】
多くの人が集まる機会を抑制し、隔離措置を課す。

(フランス)社会距離戦略
非常事態宣言、3/17以降外出禁止→1か月後の今、ピーク/減少を迎える。
外出可能条件7つ、外出許可証の提示義務。
・1日1回1キロ1時間以内の散歩
・買い物
・テレワークできない仕事
・診療治療
・親族のためにやむを得ないもの
・司法・行政による召集
・行政当局の要請を受けて行う公益活動への参加
外出許可証ないと1回目罰金5,000円、2回目罰金2万円、3~4回目罰金40万円+刑務所

(アメリカ)ゆるやかな社会距離戦略
カリフォルニア州 「守るべき人を区別する。65歳以上はずっと家に籠ってて。」
ニューヨーク州 レジでも社会的距離2mをとる

(日本)ゆるやかな社会距離戦略
アビガン増産、マスク配布、緊急事態宣言
※アビガンは奇形児が生まれる可能性を高める。飲んでから効果が消える期間は不明。
よって、若年層には十分な説明要。将来に子をもたない確定な人、年寄りは無問題。

(イギリス)集団免疫戦略から社会距離戦略へ修正
抗体検査キット。15分ぐらいで抗体の有無が分かる。

(ドイツ)集団免疫戦略
回復者:抗体をもち再感染しない人に証明書発行
抗体証明書の保持者は病院や外で通常活動できる。「回復者を増やして明確化する。」

(台湾 韓国 シンガポール)厳格な社会距離戦略
携帯にGPSつけて、国が個人の位置情報を把握。
感染者が外出すると逮捕。接触者を全て検査。プライバシー侵害を伴う。


まとめ:
対策①「社会距離戦略」を維持し、病院が対応できるレベルに感染者数を維持。
外出自粛(65歳以上は特に)、核家族の推奨(老人と子供を同居させない)、禁煙の推奨、人工呼吸器の増産、マスクの増産

※追記:喫煙者はコロナ罹りにくいとの情報あり。但し、罹った場合は重症化しやすい。∴喫煙/禁煙は自己判断。


対策②「集団感染戦略」人口の6~7割を感染させる。若く健康な人程、あえて優先的に感染させる。
検査キットの普及、抗体証明書の発行
対策③新薬の開発
最短で1年半後だが、開発できれば②飛ばし収束。

ポイント:医療キャパシティを超えないようピークコントロールが大事

 

f:id:mashirokurosou:20200419183951j:plain

 

治験バイトのような感染バイトができて、職場で抗体手当がついたらいいのにと思う。

=======以下、追記した==============

 

追記(2020/8/21):後日、上記の解決方法は、つかえないことが判明。すいません。

 

【後日、理解した点】

・倒産する病院が増えている。

患者数の減少、コロナ対策などで病院の収益が悪化。ベッド数に余裕あるように見えても、(倒産するとその病院のベッド数は翌日0に)いつ、大幅不足になるかもしれない。

 

・救急患者119番通報の救命措置が遅れる。

まずコロナの可能性を確認してから、対応する必要があるため。コロナに似た症状かどうか、保健所対応か救急車対応か、コロナ受入れ可能な最寄り病院はどこか。

「娘が倒れて熱がある」と119番 コロナ疑い救急遅れ 40代女性死亡 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

 

・不完全、定期接種、安全性不明(保証なし)のワクチンが出回る。

ワクチンを打っていても、コロナにかかる可能性あり。(インフルエンザ同様に万能でない)

抗体ができても、数か月~半年(個人差)で消失する。ワクチンは、定期的に接種しないといけない。

開発期間が短く、十分な治験結果が得られていない段階で販売開始される。かつ、国が製薬会社への賠償請求を肩代わりする契約を結んでいる。

もし、副作用など被害を被った場合、

同様の被害を被った人を探し、一緒に訴えようと説得・合意し、

(製薬会社ではなく)国を相手に国家賠償を求めて集団訴訟を起こさないといけない。

訴訟費用・時間もかかり、勝てるかどうかもわからない。

新型コロナ、ワクチンの有効性に不安材料続々 絶望の報告書

 

∴よって、定期健診を欠かさず受けて(検査項目を増やしてもいい)、

事故に合わないように注意もして(突発的な救命措置を要する事態すべて)、

3密を避けマスクをつける基本行動をしばらく継続しようと思う。

最低5年はワクチンを打ちたくない。