雑記>ただの日記42/100 崖っぷち

良いニュースと悪いニュース。

 

良いニュースは、LPICv1(101+102)に合格したこと。

一般的に、LPICv1とCCNAをもっていれば、未経験でもインフラ業務をスタートするに足るとみなされる。

※LPIC(=Linux技術者認定試験):サーバに適したLinuxOSに関する資格。

 

悪いニュースは、インフラ業務をスタートするに足るとみなされなかったこと。

2年間のキッティング業務を命じられ、納得できず退職することに。

  

研修詐欺の真似をしておいて悪く言えないが、IT業界の多重構造には驚いた。

「大手の案件が入ったぞ」と話を振られても、詳しく聞くと、

大手会社の子会社の準委任会社の請負会社への派遣案件だったりする。2重派遣禁止の意義とは。

さらに、自社内でも技術部は営業部への面接がある。面接に次ぐ面接。

建前上、派遣は人物を選べないはずだがどの派遣会社も「面接」ではなく「職場見学」と称して実質面接がある。客は選り好みし放題だ。

 

【現代の奴隷市場】

客先「チェンジ」「今回のメンバーは一旦全員リリースで。次仕入れたら教えて」

営業「資格は飾り」「なんでもすると言え。仕事を振ってあげた営業へ感謝しろ」

技術「ナンデモ、シマス。仕事クレテ、アリガト、ゴゼマス。」

 

尊厳と自己決定権は切り離せない

ミリオンダラー・ベイビー (字幕版)

この世に『楽園』はないのか。

法に抵触しない安楽死ビジネスを設計できた。

形になったらnote販売したい。

 

インフラエンジニアのキャリアをスタートできるのだろうか。